「え?日記」で記事を検索

2014/08/22

ロードサービスのためにP-ONEカードを申し込んでみた。年間700円(外税)で格安ロードサービスに申し込むお得な方法。【バイク乗り必読】


筆者は、車かバイクに毎日乗る。
筆者の両親は、車に乗っている。

トラブることは、ほとんどなく、
快適なカーライフを送っている。

しかし、まれに、ガス欠になることも。
仕方なくスタンドまでバイクを押した。orz
また、キーを閉じ込めてしまったこともある。
スペアキーで事なきを得られついていた。

『転ばぬ先の杖』として、
ロードサービスに入ることにした。

有名なJAFは、入会金2000円+年会費4000円かかり、
万が一の保険としては安いとは言えない。


んで、色々調べた結果、ポケットカードという
クレジットカードのオプションのロードサービスが、
最もコストパフォーマンスが良いとわかった。


【詳細】

まず、申し込むクレジットカードは、
ポケットカードの「P-oneカードスタンダード」。
このカード自体は、永年年会費無料であり、
カードを全く使わなくても維持費がかからない。

※とはいえ、実は、全ての買い物が自動で1%オフされる
ユニークな機能がついているお得カードだったりする。
ポイント還元率では、他の高還元カードに劣るものの、
ポイント交換手続きが不要な点で、悪くない選択肢である。
つまり、カードとしても、持っておいて損はないということ。
※「P-oneFLEXYカード」というリボ払い専用カードもあるが、
通常は「P-oneカードスタンダード」がオススメです。(理由省略)

ちなみに、「P-oneカードスタンダード」は、審査が緩め。
ポケットカードという会社は、大衆的なカードを発行している。
コンビニのファミマTカードとか、
ホームセンターのコーナンカードとか、
そういう誰でも利用できる場所でクレジットカードを出してる。
なので、年収などで厳密なチェックをしているわけではなさげ。

次に、オプションのロードサービスに申し込む。
ロードサービスの名前は、「カーライフホッとライン」という。
ポイントは、価格の安さ。
たった700円(外税)で、ロードサービスを受けられる。
内容面もナカナカ充実している。

実は、他のクレジットカードでも、似たようなものは2つある。
ENEOSカード(年1250円)や、プレミアムドライバーズカード(年1750円)である。
しかし、これらは、クレジットカードの年会費がかかってしまう。
※ENEOSカード"S"なら、年1回利用で次年度年会費無料にできる。
また、これらは、四輪車のみ対応で、二輪車に対応できない。




P-ONEカードは、年会費永年無料+ロードサービス700円の構成。
仮に、ロードサービスだけが不要になった場合に、
クレジットカード自体を解約する必要なく、
ロードサービスだけを解約すればよいことがメリット。

P-ONEカードは、四輪車以外に、二輪車にも対応。バイク乗りなら、コレ。
他のカードでは、二輪車に対応していないため、これもメリット。

また、同居の親族がトラブったときにも 、適用されるのは素晴らしい。


【サービス対象の代表例】
①バッテリーの点検、ジャンピング(バッテリーあがりの車両にケーブルをつないでスタートさせます。)。
②スペアタイヤ交換、タイヤ廻り点検。
③インロック開錠(鍵を車内に閉じ込め、ドアをロックした場合の開錠作業)。
④ガス欠時の燃料補給(ガソリン車、ディーゼル車に限定)。
⑤その他、30分程度の現場復旧が可能な軽作業。

このへんが対象になる。(規約参照)
バイクでは、特に、①③④⑤が使えそう。
バイクは、スペアタイヤがないので②は無理かな。
その場合、バイク屋まで無料レッカー(20kmまで)でしょ。


【お得な申請方法】

普通に申し込むのであれば、
バナーから申しこめばOKです。笑


ただ、よりお得に申し込む方法があります。
せっかくなのでお得に、という方はお試しあれ。

1.ハピタスに登録。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ハピタスに登録する。

※ハピタスはポイントサイト。ポイントを換金できる。

ハピタスに登録するためには、
メールアドレス(PC可)と携帯番号が必要です。
携帯に登録確認のSMSが届き、4桁の番号を入力します。
その後、メールアドレスに届いた認証URLにいき、完了です。

2.ハピタス経由で、P-ONEカード申し込みにいく。

ハピタスにログインして、ページ上部のボックスから、「P-ONE」を検索。
P-oneカード<Standard>の紹介ページにいきます。

P-oneカード<Standard>の紹介ページ

んで、「ポイントをためる」を押して、
P-ONEカードの申請サイトに飛びます。

3.クレジットカードを申請する。

あとは、スタンダードを選択し、申請するだけ。
申込画面の「④お支払い方法情報入力」で、
カーライフホッとラインを同時申し込みできます。
同時申し込みは、チェックを入れるだけ。

カード申請が通ったあとで、入会することも可能。
http://www.pocketcard.co.jp/service/carlife_02.html


→新規カード発行完了で 2200(円相当)ポイントが確定。
現金に換金することができ、銀行口座に振り込まれます。(300ポイント~)
また、Amazonギフト券に交換することも可能です。(490ポイント~)


【注意点】

当然、トラブルにあう前に会員になっている必要がある。
基本的には、会員証が手元にある場合に、利用できる。
会員証は、クレジットカードと同着ではないため、注意。
P-ONEカード自体は、1週間程度で届いた。(本人限定受け取り)
会員証は、申込み後、約3~4週間後に届く。
ちなみに、会員証自体には、固有の番号はない。
ただし、電話番号は、会員証にのみ記載されているので、
会員証が届かないと事実上、サービスを受けられない。
長距離ツーリング等の1ヶ月前には、申し込むようにしたい。

お申し込み後、約3~4週間後に各サービスの携帯カードをお送りします。
>※新規にクレジットカードお申込時に本サービスを同時お申込されました場合、クレジットカードとサービスカード(加入サービス案内カード)は別郵送にてご自宅に送付いたします。予め、ご了承願います。
>甲による会員証が会員本人の手元に届いた日から、会員本人が会員資格を有している間、サービスを利用できます。すでに甲のクレジットカードをお持ちで、このサービスをオプションで購入された場合は、甲の事務処理基準日から会員本人が会員資格を有している間、サービスを利用できます。



トラブルにあった場合の電話番号は、
0120024323。
問い合わせの際には、ポケットカードの番号が必要。

トラブルにあった際に、ポケットカードを持っていることが
「推奨」されるが、これは、電話でカード番号を確認するため。
カードを持っていなくとも、住所氏名等で本人確認ができれば、
なんとかなるといえば、なんとかなる。

クレジットカードを車やバイクに置くことはリスキーなので、
会員証にカード番号を書いて車検証等と一緒にするといい。

0 件のコメント:

コメントを投稿


質問・感想など、コメント歓迎です。
名前(ハンドルネーム)があると、返信しやすいです。