「え?日記」で記事を検索

2009/04/13

PSPゲームアーカイブスでFF7を買ってみた( ^ω^)

体験記でも書いてみる。(購入方法から起動までざっと)


【キッカケはクライシス】
彼女がクライシスコアを買って、FF7熱が再燃。
     

どうしてもFF7(PS1)をやりたいと言うので
CFW入りPSPで(ソフト所持で合法に)やらせようとした。
ら、4月10日に突如、PSPのアーカイブで購入可能になった。(記事)
彼女の2000をCFW化するのも面倒&リスキーなので、
ダウンロード購入してみた。


【大容量MSDUOが必要。】
FF7のデータだけで1.8GBもある。
最低でも4GBのMSDUOが欲しい。

(1)素直にMSDUO購入 amazonがオススメ


(2)CR-5400/CR-5300を使い安くMSDUOを作る
安いmicroSDと変換アダプタで8GBか16GB環境を作るといい。

8GBで2500円、16GBで4000円で作成可能。
筆者が16GB環境を作った経過はこの記事に詳しく書いたので参照。



【ダウンロードまで】
最新ファーム(5.03以降)にする。
※現行CFWで起動するかは不明。

・アカウント作成
メールアドレスだけあれば作成可能。携帯不可。

代金支払い方法

◎購入代金(1500円)の支払いはクレジットカードが一番簡単。
1500円を無駄なく、瞬時に払えたので楽だった。
クレジットカードを持っていない人は楽天がオススメ。審査も甘め。

△ウォレットへ「コンビニ入金」も可能ではある。
が、1000円単位なので500円余ってしまう。
これよりはクレジットカードの方が早いし無駄がない。

△プレイステーションネットワークカードを買うのも手かな。
だが、なかなか手にはいらない。↓




【ダウンロード】
ものっすごく時間がかかる。(直接無線でPSPにDL。)
うちの光回線でも1時間はかかった。
やはり1.8GBはハンパない。(笑)
ACをつないで一晩放置するくらいの気構えでどうぞ。

※試していないが、PSP無線環境がない人はPCでDL可能
PSPをUSBケーブルにつないで、PCからデータを転送する。
PLAYSTATION Network Downloaderというソフトが必要。めんど

ちなみに、購入したものと同一アカウントで
PSPを機器認証すれば最大5台までのPSPで
ダウンロードして、ゲームを楽しむことができます。
家族や親しい友人との間で、同じゲームができるわけです。
これはSONYグッジョブだと思う。(↑画像は2台同時ダウンロード)


ダウンロード後も…長い。orz
インストール中って具体的に何をしてんの。。。認証?
ダウンロードに続き1時間ほどかかった。


【起動】 video
こんな感じで問題なく起動してくれます。
PS1は4:3ですが、設定で横長なPSPでもフルスクリーン化可能。
その他設定→画面モード→フルでOK。
モードはフル・ズーム・ノーマル・オリジナルがあります。

※動画はPSP-3000経由で、S端子ケーブルで出力しました。

【CM動画】
video




【PSP2/PSP-4000の大胆予想】

GIGAZINEやengadgetで次世代PSPについての
うさんくさ~い予想がいくつか出ています。w
「PSP2」の正式名称は「PSP Go」に?大容量メモリや高画質カメラなどを搭載か
ソニーが「PSP2」を今年の秋に発表か、UMDドライブは廃止?
うわさ:PSP-4000は2009年発売、次世代機「PSP2」も登場
タッチスクリーン搭載やら、UMD廃止やら、
海外ユーザーの願望が入り混じったものばかり。

筆者が予想するPSP-3000から次世代への進化点は、
PS2エミュレータの搭載である。

PS2ソフトはPS3が発売されて2年以上も経過しているのに
いまだ続々と発売しており、馬鹿にできない市場である。
にもかかわらず、PS3の一部機種ではPS2ソフトが遊べない。w
「値下げした薄型PS2買ってください」って考えである。

一方のPSPであるが、PSPのUMD製ソフトは行き詰まり、
PSPは"ゲームプラットフォーム"として進化しようとしている
と筆者は読む。ライバルは、もはやDSではない。iPhoneだ。

iPhone自体(ハード)の売り上げは、
少なくとも日本では大失敗だ。ビッグウェーブは来なかった。
しかし、ソフト販売面ではどうだろうか。

もともとが通信端末であるiPhoneでは
App Storeを通じていつでもオンラインで
ゲームを含めたソフトウェアをダウンロードできる。
しかも、多くの価格は安い。売れ筋は数百円だ。

METAL GEAR SOLID TOUCHが良い例だろう。
メタルギアの最新作なら5000円を割ることはない。
昨年発売のPS3メタルギアソリッド4は8800円で発売された。
ところが、今作は900円という安価でダウンロードできる。

ダウンロード販売はこれからもっと伸びるだろう。
人々はパッケージ販売の形に拘らないからである。
PSPもそうした時流には逆らえないだろう。
そうなれば、既存のソフトウェア資産を
いかにダウンロード販売に活かすかが問題となってくる。

SCEは、PS1だけでなくPS2のソフトウェア資産を持っているのであり、
これはiPhoneにはない大きな強みである。
近い将来、iPhoneとPSPがガチンコで勝負することに備え、
PSP-4000(PSP2)では、PS2エミュレータを搭載すると予想する。

もちろん公式エミュレータなので、非公式isoは動かないだろう。
また、UMDを廃止することについて、SCE側に何のメリットもない。
DSを真似たタッチスクリーンについては、ナイと予想する。
それよりは、wiiリモコンのモーションセンサーの方が可能性がある。
(なぜなら、MHP3をPSPに移植する際に必要になるかもしれないから)

そんなこんなで予想したけど、予想は予想。信用してはイケナイ。



【続報(5月末)】
ソニーの新型PSPは「PSP Go」、大容量メモリなどを搭載して大作ソフトも複数投入へ
[噂]ソニーがUMD非搭載「PSP-Go!」をE3で発表、「PS3 Slim」発売はまだ先
SCE、UMDを省き小型化した「PSP go」を発表 -日本では11月1日発売、26,800円

0 件のコメント:

コメントを投稿


質問・感想など、コメント歓迎です。
名前(ハンドルネーム)があると、返信しやすいです。